ガイドワイア、ガートナーの市場分析レポート、 マジック・クアドラントで2年連続 「リーダー」ポジションを獲得

損害保険請求管理モジュール部門対象の市場分析レポートが ガイドワイアの「実行能力」と「ビジョンの完全性」を高く評価

損害保険会社向けにソフトウェア製品を提供するリーディングプロバイダーであるガイドワイア ソフトウェア(米国カリフォルニア州フォスターシティ、NYSE:GWRE、日本法人ガイドワイア ソフトウェア ジャパン株式会社<本社:東京都中央区、代表:久和 義典>、以下 ガイドワイア)は、ガートナーの「損害保険請求管理モジュール部門のマジック・クアドラント1」レポートで「リーダー」ポジションに位置づけられたことを発表しました。ガイドワイアのリーダーポジジョンの獲得は2年連続となり、「実行能力」および「ビジョンの完全性」においてもトップに位置付けられました。レポートの詳細はこちらをご覧ください。

マジック・クアドラント・レポートでは、保険請求管理モジュール市場の参入企業として認められた8社のグローバル・ベンダーについて、市場における相対的な位置づけを評価しています。

ガートナーの保険部門主席リサーチアナリストで、同レポートの執筆者のジェフ・ヘイナー氏は、「バイヤーは単独のベンダーが提供する、保険契約および請求書管理モジュールを取り揃えたアプリケーションスイートの保険請求管理モジュールの絶大な効果を継続的に実証しています」とコメントしています。

また、ガイドワイア ソフトウェアのマーケティング担当副社長のブライアン・デズモンドは、「我々はガートナーのマジック・クアドラント・レポートで2年連続リーダーポジジョンを獲得したことを大変光栄に思っています。進行中の案件も含めると、ガイドワイアの製品導入実績は300件以上に上り、そのことが当社の業務基盤にグローバルな洞察をもたらしています。今回の評価は、すべての関係者が一丸となって達成した成果が評価された結果であると考えています」とコメントしています。

Guidewire ClaimCenter®は、損害保険業務に特化した、業界をリードするエンド・ツー・エンドの損害調査サービス管理システムです。ClaimCenterの柔軟なビジネスルールにより、保険金請求処理において、保険金請求プロセスを最適化し監視することが可能となり、望ましい保険金請求処理慣行を定義、実行、継続的に改良することができます。ClaimCenterは、損害保険業界における全保険種目での活用が可能であり、迅速かつ的確な意思決定とクレーム管理、そして業務コストの削減を実現します。ClaimCenterは、独立したシステムとしても Guidewire InsuranceSuite™ の一部としても使用することができ、保険会社の既存システムや第三者のアプリケーションと統合することも可能です。

マジック・クアドラントについて

ガートナーは、リサーチレポートに掲載されたベンダー、製品、サービスを推奨することはなく、また、最高評価のベンダーに限り利用するよう、ユーザーにアドバイスすることもありません。ガートナーのリサーチレポートは、あくまでもガートナーのリサーチ機関の見解を示すものであり、事実を表明するものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチに関し、商品性の保証や特定の目的への適合性を含めあらゆる保証も行わないものとします。

ガイドワイアのソフトウェアについて

ガイドワイアは、損害保険会社が業界の激しい変化の時代に適応し、成功するためのソフトウエアを提供しています。基幹プロセス、データと分析、そしてデジタルという3つの領域を1つの技術プラットフォームに結びつけ、損害保険会社の顧客・従業員の皆様に、効果的に活用していただけます。
当社のソフトウエアは、これまで世界中200社以上の損害保険会社で導入いただいています。詳しくはホームページwww.guidewire.com、Twitter @Guidewire_PandCをご覧ください。 

1 ガートナー「損害保険請求管理モジュール部門のマジック・クアドラント」、ジェフ・ヘイナー、2015年6月24日

InsuranceSuite PolicyCenter BillingCenter ClaimCenter ガイドワイアについて 各国のオフィス 採用情報 プライバシーポリシー 免責事項